鉄道・航空・船舶

交通秩序や安全運行を支える

鉄道・航空・船舶の交通秩序や安全運行を支える薄膜技術

地球上の陸・空・海を、人とモノが移動しない日はありません。毎日の鉄道・航空・船舶の安全な運行において、運転席の窓の見やすさ、計器類・ディスプレイ機器の見やすさ、信号機・表示灯の見やすさなど、さまざまな場面で高機能薄膜による「視認性」の向上策が役立ちます。
例えば、ジオマテックは、1960年代に潜水艦の潜望鏡の曇りを防ぐための透明ヒーターを製造開始以来、現代においても鉄道の窓や信号機などに透明ヒーターを提供し続けています。また、計器類・ディスプレイ機器の見やすさを向上させる高機能薄膜技術の知見が豊富です。

鉄道

電車・鉄道車両の窓

着雪を防ぎながら、氷柱の衝突でも割れない窓を実現

石や氷柱が衝突しても割れない窓を実現するポリカーボネート製の窓材。割れにくい特長により鉄道車輌の運転席の窓に採用されています。しかし雪国では、ガラスよりも比熱が大きいポリカーボネートへの着雪が課題となります。ジオマテックの『透明ヒーター』をポリカーボネートの窓材に適用すれば、降雪地帯を運行する車両の運転中視界を確保。電車・鉄道車両の安全運行に寄与します。

関連する製品・ソリューション

鉄道の信号機・表示灯

雪国の信号機の着雪を防ぎ、交通秩序を担保しやすく

降雪地帯の冬場、信号機や表示灯を雪や霜が覆ってしまうと、何色が点灯しているのか見えづらく、運行の妨げとなります。昨今増えているLED式光源は、従来のフィラメント式光源と比べて発熱が少ないため、着雪・着霜対策が課題となっています。
ジオマテックの『透明ヒーター』を信号機や表示灯に適用すると、降雪時の着雪や着霜を防ぎ、鉄道の交通秩序と安全運行に寄与できます。

関連する製品・ソリューション

航空

航空機の計器類・ディスプレイ

ディスプレイ機器の視認性と計器類の安定動作を担保し、
安心・安全なフライトを

さまざまな計器類・表示機器が備わる飛行機やヘリコプターなどの航空機。この分野においても、表示機器のデジタル化が進み、ジオマテックの『カバーガラス』(ディスプレイ機器の保護カバー)や不要な映り込みを防いで視認性を高める『反射防止膜』が活躍しています。
また、デジタル化されたディスプレイ機器から生じる電磁波を遮断する『EMIシールド』によって、計器類やコンピューターに与える悪影響を抑え、航空機の安心・安全なフライトに貢献します。

関連する製品・ソリューション

船舶

船舶の計器類・ディスプレイ

炎天下や海水などにさらされる過酷な環境でも、
視認性・耐久性の担保を

船舶の近代化に伴い、IT技術を積極的に活用した高い安全性や航行支援が行われる中、電子海図、レーダー情報をはじめ、船位、方位、船速などの各種航海情報、魚群探知情報などを表示する計器類・ディスプレイのデジタル化が進む一方、船上では、炎天下や海水などにさらされる過酷な環境での耐久性が課題となります。
ジオマテックのディスプレイ機器保護用『カバーガラス』なら、海水から保護する『撥水・撥油膜』や、不要な映り込みを防いで視認性を高める『反射防止膜』をコーティングすることで、過酷な環境下でも視認性や耐久性を担保。見やすいディスプレイ機器で操船負担の低減や魚群探知などに寄与します。

関連する製品・ソリューション

お問い合わせ・資料請求

上記以外にも、世界中さまざまな場面で活躍するジオマテックの高機能薄膜技術。その応用可能性は尽きることなく、新たな活用がますます広がっています。
お客さまの課題の解決やアイデアの実現に向けて、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ