ここから本文です

沿革

1953年 9月 真空成膜による光学部品の製造および販売を目的に、東京都品川区に資本金30万円で松﨑光学精密硝子株式会社を設立
1954年 2月 東京都品川区に鮫洲工場を設置、真空成膜製品の生産を開始
1958年 8月

商号を松﨑光学株式会社に変更

1959年 2月 東京都大田区に多摩川工場(現、R&Dセンター)を建設し、各種金属表面鏡の生産を開始
1960年 6月 商号を松﨑真空被膜株式会社に変更
1965年 1月 新製品の開発と技術向上を目的に、東京都大田区矢口に矢口研究所を建設
1972年 3月 ITOによる透明導電膜の生産を開始
1975年 3月

液晶ディスプレイ用ITO膜の品質向上・生産性拡大を目的に、宮城県栗原郡(現:栗原市)金成町に「ふるさと工場」として金成工場(旧:金成テクノセンター)を建設

1981年 10月 「真空蒸着法による高性能透明導電膜の開発と育成」によって第一回 科学技術庁(現:文部科学省)長官賞を受賞
1986年 5月 OA機器の品質向上・生産性拡大を目的とし、宮城県栗原郡(現:栗原市)築館町に築館城生野工場を建設
1987年 9月 液晶ディスプレイ用ITO膜の生産性拡大を目的とし、宮城県栗原郡(現:栗原市)金成町に金成第二工場(現:金成工場)を建設
1988年 9月 商号を松﨑真空株式会社に変更
1990年 9月 大阪府に大阪営業所を設置
1990年 9月 東京都大田区に研究開発室(現:R&Dセンター)を設置し、開発体制を強化
1992年 4月 商号をジオマテック株式会社に変更
8月 液晶ディスプレイ用ITO膜の生産性拡大、西日本の拠点設立を目的に、兵庫県赤穂市に赤穂工場を設立
1993年 9月 金成第二工場(現:金成工場)にインライン・スパッタリング装置を設置し、高品質に対応した液晶ディスプレイ用ITO膜の生産を開始
1994年 11月 当社株式を日本証券業協会(現:東京証券取引所ジャスダック市場)に株式上場
1996年 3月

本社を横浜市西区に移転

2001年 6月 光通信用光学部品の技術的向上と量産拡大を目的とし、株式会社光学技研と業務提携し神奈川県厚木市に工場を設立
2002年 7月

液晶プロジェクター用光学部品の量的拡大を目的とし、中国無錫に吉奥馬科技(無錫)有限公司を設立

2007年 12月 FPD用薄膜製品の量的拡大を目的とし、吉奥馬科技(無錫)有限公司 第二工場を建設
2008年 3月 ディスプレイ用フィルム製品の量的拡大を目的とし、金成第一工場(旧:金成テクノセンター)にロール式成膜装置を設置。 
2013年 9月 創業60周年を迎える

ページはここまでです

ページトップへ戻ります