ここから本文です

コーポレートガバナンス

ジオマテックグループは、コーポレート・ガバナンスを株主と経営者の関係の規律付けを中心とした企業活動を律する経営上の最重要課題と位置づけております。
取締役会、監査等委員会は下記の機能を充分認識しつつ、適正・適法な意志決定および業務執行を行っております。

  • 株主の権利・利益が守られ、平等に保障されること
  • 株主以外の利害関係者(ステークホルダー)の権利・利益の尊重と円滑な関係が構築されること
  • 適時・適切な情報開示により、企業活動の透明性が確保されること
  • 取締役等の役割・責務が適切に果たされること
  • 株主との対話が建設的に行われること

なお、当社は監査等委員会設置会社形態を採用しておりますが、効率的でかつ十分な経営監視機能が確保されていると考えております。

ガバナンス体制

ジオマテックは、取締役(監査等委員を除く)4名、監査等委員である取締役3名の体制となっております。

取締役会

円滑かつ効率よく、健全かつ適正に事業を行い、正当な利益を上げることを目的に当社取締役会は、経営上の重要事項に関する意志決定を合理的かつ効率的に行うとともに、業務の執行状況に関する監督、事業計画の進捗確認を適時行っております。
また、法令・定款の規定が遵守されているか監視しております。

監査等委員会

当社は、監査等委員会設置会社であり、監査等委員会が 経営の監査の役割を担っております。
監査等委員会は、内部統制に則った監査を行い、内部監査部門から定期的に内部監査の実施状況とその結果の報告を受けること、また必要に応じて、当社の取締役、執行役員、業務執行部門に対して報告を求めることで、的確にその職務を遂行しております。

内部統制システム

ジオマテックは、コーポレート・ガバナンス体制を構築し、内部統制の実効性を確保するために、関係部門が連携してその運用を行っております。

ガバナンス体制

ページはここまでです

ページトップへ戻ります