ここから本文です

IR基本方針

基本方針

当社は、誠実で透明性の高い経営を目指し、証券取引等の諸法令など各種法令を遵守することはもとより、株主・投資家の皆様に適時・正確かつ公平な情報を提供するため、東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」に準拠した情報並びにその他の重要な情報を 迅速に公開するほか、当社を理解して頂くために有効な情報についても、積極的に開示いたします。ただし、守秘義務のある機密情報等や企業間競争の観点から 開示できない事項については、公開を差し控えさせて頂きます。

社内体制

当社では、適時・適切かつ公平な会社情報の開示を誠実に行うため IR委員会を設置し、会社情報の評価及び開示するかの決定、開示を決定した情報の開示内容・開示時期・表現方法について協議しております。なお、会社情報は管理部が集約・管理を行っております。

情報の開示方法

適時開示に関する規則に該当する情報の開示は、適時開示情報システム(TDnet)にて公開いたします。公開情報のホームページでの掲載に関しては、できる限り速やかに掲載いたしますが、システムの都合上TDnetの公開時期よりも遅れることもあり得ます。また、適時開示に当たらないその他の情報に関しましても、適時開示の主旨を踏まえて適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に開示する方針です。なお、情報開示の公平性を保つため、お電話や電子メールによるお問い合わせに対する説明内容は、発表済みの範囲に限ります。

沈黙期間について(IR自粛期間設定)

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各決算期末の翌日から発表日までを沈黙期間としております。この期間は、決算に関するコメント・質問への一切の回答を控えさせて頂きますのでご了承ください。ただし、沈黙期間中に判明した業績予想と既に発表の業績予想の際が適時開示に該当する変動幅となることが明らかになった場合には、上記手続きより業績予想修正として情報開示を行います。

株価情報について

株価に関しましては、市場の売買により適正に決定されているとの認識に立ち、株価や出来高、株価に関する発生事実につき、原則当社としてのコメントは行わない方針としております。

免責事項

開示内容について細心の注意を払っておりますが、情報の正確性、完全性、有用性を保証するものではありません。したがって、情報の誤りやデータのダウンロード等によって生じた損害に関しましても、当社は一切責任を負いません。

ページはここまでです

ページトップへ戻ります