超薄型で曲げられる面状発熱ヒーター

金属薄膜フィルムヒーター

車載機器の曇りや凍結の防止など、さまざまな形状・サイズの製品の限られたスペースに「あたためる」機能をプラス

概要

発熱体に金属薄膜を使用し、超薄型で曲げられ、面状に発熱するフィルム状ヒーターです。自動車のカメラ・光学センサーやドアミラーなど、曇りや凍結を防止したいけれど、ヒーターの施工スペースが限られているような場所に活用できます。

  • Point1最薄0.15mm1)の超薄型、曲げることができ、複雑な隙間にも使える
  • Point2面状に、あるいは特定の箇所を素早く適切に加熱
  • Point3加熱効率とレスポンスに優れ、素早くあたたまる
  • Point4最高200℃2)発熱量や自在な形状など、カスタマイズの自由度が高い

1)フィルム基材50µm、金属薄膜<1µm、粘着層50µm、保護フィルム50µmの場合

2)ポリイミドフィルムを使用した場合

特長・強み

Point1 最薄0.15mm1)の超薄型、曲げることができ、複雑な隙間にも使える

PET、PEN、ポリイミドなどのフィルムを基材とし、最薄で0.15mm(端子部品を除く)。φ7mmの細さまで曲げられます。これまでヒーターの施工が難しかった隙間や曲面にもフレキシブルに対応します

超薄型で曲げられる様子

Point2 面状に、あるいは特定の箇所を適切に加熱

一般的な電熱線ヒーターと異なり、面状に発熱できるので、ムラのない加熱が可能。一方、加熱範囲を文字形状に絞るなど、部分的に発熱させる加工もできます。

  • 面状に発熱させた場合のサーモグラフィ画像
  • 局所的に発熱させた場合のサーモグラフィ画像

Point3 加熱効率とレスポンスに優れ、素早くあたたまる

ヒーターONから数十秒で加熱し、解氷や曇り取りなどの用途に最適。薄く加熱効率の高い金属薄膜で、素早いあたためを実現します。

ヒーターONから、数十秒で加熱

Point4 最高200℃2)の発熱量や自在な形状など、カスタマイズの自由度が高い

目的に応じて、発熱量や使用電圧のカスタマイズはもちろん、テープ状、円、矢印型などバラエティに富んだ形状のヒーターを設計・作製ができます。

矢印型など特殊な形状で設計・作製することもできる

活用事例

曇りや結露、着雪・凍結などを防ぐ

車載カメラ・センサー

車載カメラや光学センサーの曇りや結露、着雪や霜付きを防止。雨の日も雪の日も、安全運転支援機能の正常な動作を支えます。

事例をもっと見る


ドアミラー

ドアミラーの裏側に薄膜熱線ヒーターを施工することで、結露防止や曇り止めに。寒冷地では冬季の着雪・霜付き防止に役立ちます。

事例をもっと見る

さまざまな形状、自由な設計で、さらなる応用可能性を

シリコンウェハー上のデバイス製造

加熱しながら形成することが求められるデバイスの製造において、薄く面状に発熱する『金属薄膜フィルムヒーター』をシリコンウェハーの加熱に用いれば、熱風や輻射熱で加熱する方法よりも加熱ムラが少なく、デバイス製造の品質・歩留まりの向上に貢献します。

事例をもっと見る


部分的な加熱で、広告的な効果を演出

温度制御に優れ、発熱させる部分や発熱量をコントロールできるため、文字やロゴ部分だけ、氷や雪を溶かすなど、広告的な効果を演出することも可能です。

仕様・データ

金属薄膜フィルムヒーター 作製例

使用上限温度 130℃
ヒーター形状 台形(上辺10 x 下辺40 x 高さ40 mm)
基材の材質 PEN(ポリエチレンナフタレート)樹脂
薄さ 150 µm
消費電力 6W(使用電圧12V)

お取引の主な流れ

お客さまがお持ちの基板材料への薄膜形成をご依頼いたただく場合

お客さまがお持ちの基板材料への薄膜形成(薄膜コーティング)をご依頼いただく場合の流れの例です。
1点ものの試作から大量生産まで、高品質・高性能な薄膜形成は、ジオマテックにお任せください。

  • Step1お問い合わせ

    当社の製品・ソリューションの詳細に関するお問い合わせはもちろん、お客さまの目的やアイディア、ご希望の注文数や仕様、納期や予算、お届け先など、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • Step2ヒアリング・技術打ち合わせ

    お客さまのご要望の詳細をお伺いしたうえで、お客さまの目的の達成に向けた最適なプランをご提案。ジオマテックの技術者からの提案はもちろん、必要に応じてさまざまなメーカーと協業し、お客さまにご満足いただける製品づくりをサポートします。

  • Step3お見積もり

    ヒアリング・技術打ち合わせで決定した仕様に基づき、お見積もりさせていただきます。
    なお、お客さまからお伺いした製品の用途、お客さまの個人情報などの秘密情報につきましては、情報セキュリティに配慮したうえで厳重に管理いたします。

  • Step4試作品・サンプル作製

    必要に応じて試作品・サンプルを作製いたします。
    なお、将来的に量産を見据えている場合、試作時も量産時の装置を使用して加工できるので、量産移行後もスムーズに試作時と同様の製品特性を得ることができます。

  • Step5薄膜形成(薄膜コーティング)

    お客さまからお預かりした大切な製品(基板材料)への薄膜形成を、クラス100~1000(Fed.Std.209D)のクリーンルーム内で、高品質かつ安定的に生産・加工します。

  • Step6品質検査・出荷準備

    お客さまにご提供する全ての製品に対し品質検査を行い、厳重に梱包のうえ出荷します。
    ジオマテックは、QMS(ISO9001:品質マネジメントシステム)を取得しており、高品質な製品の安定供給の維持に努めております。

  • Step7納品

    お客さまのご指定の日、場所及び方法でしっかりお届けします。

    上記の流れ以外の対応や、お客さまの拠点内でのインハウス対応などのご相談も柔軟に承ります。

薄膜形成に加え、基板材料の調達・加工などの前後工程もご依頼いただく場合

基板材料の調達・加工など、薄膜形成の前後工程もご依頼いただく場合の流れの例です。
光学設計や材料調達、製造、貼り合わせまでを、ジオマテックが一括でコントロールいたします。

  • Step1お問い合わせ

    当社の製品・ソリューションの詳細に関するお問い合わせはもちろん、お客さまの目的やアイディア、ご希望の注文数や仕様、納期や予算、お届け先など、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • Step2ヒアリング・技術打ち合わせ

    お客さまのご要望の詳細をお伺いしたうえで、お客さまの目的の達成に向けた最適なプランをご提案。ジオマテックの技術者からの提案はもちろん、必要に応じてさまざまなメーカーと協業し、お客さまにご満足いただける製品づくりをサポートします。

  • Step3お見積もり

    ヒアリング・技術打ち合わせで決定した仕様に基づき、お見積もりさせていただきます。
    なお、お客さまからお伺いした製品の用途、お客さまの個人情報などの秘密情報につきましては、情報セキュリティに配慮したうえで厳重に管理いたします。

  • Step4試作品・サンプル作製

    必要に応じて試作品・サンプルを作製いたします。
    なお、将来的に量産を見据えている場合、試作時も量産時の装置を使用して加工できるので、量産移行後もスムーズに試作時と同様の製品特性を得ることができます。

  • Step5基板材料の調達

    ガラスやフィルムなどの基板材料を、ジオマテックが長年培った信頼のサプライチェーンより調達します。

  • Step6薄膜形成(薄膜コーティング)

    基板材料へ防指紋(AF)加工など、お客さまの製品に必要な機能を実現するための高機能薄膜の形成を行います。
    クラス100~1000(Fed.Std.209D)のクリーンルーム内で、高品質かつ安定的な生産が可能です。

  • Step7加工

    ガラスの外形切断や薄膜パターニング、額縁印刷などの薄膜形成の後工程の作業も承ります。

  • Step8品質検査・出荷準備

    お客さまにご提供する全ての製品に対し品質検査を行い、厳重に梱包のうえ出荷します。
    ジオマテックは、QMS(ISO9001:品質マネジメントシステム)を取得しており、高品質な製品の安定供給の維持に努めております。

  • Step9納品

    お客さまのご指定の日、場所及び方法でしっかりお届けします。

    上記の流れ以外の対応や、お客さまの拠点内でのインハウス対応などのご相談も柔軟に承ります。

お問い合わせ・資料請求

さらに詳しい情報は、お気軽にお問い合わせください。

  • 詳細な仕様・データ
  • 価格・見積
  • 納期確認
  • カスタマイズ
  • サンプル・試作
  • その他
お問い合わせ

カタログダウンロード

PDF形式のカタログをこちらからダウンロードいただけます。

カタログダウンロード

製品・ソリューション