IoTセンサーや触らずに使えるスイッチなどに

静電容量式非接触型センサー

非接触スイッチングとセンシング。
目的にあわせて受託開発、試作検証、量産対応。

概要

触れたくない場所、触れられない場所でも、近づくだけでセンサーが感知します。照明のコントロールや不透明な容器の水位センサーなど、幅広い用途で利用が可能です。

特長・強み

Point1 さまざまな形状にセンサー電極を作製

Point2 透明で見えない非接触センサー

電極に透明導電膜を使用することで、透明な検出部を作製することもできます。

Point3 加飾膜との組み合わせで高いデザイン性を実現

機能・仕組み

静電容量センサーの原理

静電容量タッチスイッチの仕組み

活用事例


静電容量式非接触型センサー

透明で非接触だから、さまざまな動きを邪魔せずに、検知が可能。

事例をもっと見る


ルームランプ

静電容量型近接センサーを自動車シーリングライトに応用。必要なときに手を伸ばすだけで点灯、調光。快適な夜のドライブに貢献します。

事例をもっと見る


静電容量式センサーIoT開発キット

静電容量式センサーIoT開発キットに採用されました(株式会社ビット・トレード・ワン)。フィルムセンサー・測定ボード(Bluetooth)のキットとアプリでIoT開発の実験・検証に使用できます。

事例をもっと見る


点滴バッグの水位センサー

離れた場所からでも、点滴のようすを把握できます。

事例をもっと見る


非接触の水位センサー

水位を非接触、遠隔でモニタリング可能なセンサーで災害対策や実験に役立ちます。

事例をもっと見る

仕様

こちらの動画の静電容量型センサーは、透明なドームに人が近づくと下のライトが点灯し、近づくにつれ光が強くなり、離れると暗くなり消灯する構成です。

  • 検出部:透明導電膜を加工した透明ドーム
  • 変換部:LEDライト

採用事例の一部

当社静電容量型センサー技術が、静電容量式センサーIoT開発キット(株式会社ビット・トレード・ワン、本社:神奈川県)に採用され、2017年3月31日に発売されました。本製品は通信規格にBluetooth Low Energyを採用し、iOSデバイスの専用アプリケーションでモニターできます。

お取引の主な流れ

お客さまがお持ちの基板材料への薄膜形成をご依頼いたただく場合

お客さまがお持ちの基板材料への薄膜形成(薄膜コーティング)をご依頼いただく場合の流れの例です。
1点ものの試作から大量生産まで、高品質・高性能な薄膜形成は、ジオマテックにお任せください。

  • Step1お問い合わせ

    当社の製品・ソリューションの詳細に関するお問い合わせはもちろん、お客さまの目的やアイディア、ご希望の注文数や仕様、納期や予算、お届け先など、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • Step2ヒアリング・技術打ち合わせ

    お客さまのご要望の詳細をお伺いしたうえで、お客さまの目的の達成に向けた最適なプランをご提案。ジオマテックの技術者からの提案はもちろん、必要に応じてさまざまなメーカーと協業し、お客さまにご満足いただける製品づくりをサポートします。

  • Step3お見積もり

    ヒアリング・技術打ち合わせで決定した仕様に基づき、お見積もりさせていただきます。
    なお、お客さまからお伺いした製品の用途、お客さまの個人情報などの秘密情報につきましては、情報セキュリティに配慮したうえで厳重に管理いたします。

  • Step4試作品・サンプル作製

    必要に応じて試作品・サンプルを作製いたします。
    なお、将来的に量産を見据えている場合、試作時も量産時の装置を使用して加工できるので、量産移行後もスムーズに試作時と同様の製品特性を得ることができます。

  • Step5薄膜形成(薄膜コーティング)

    お客さまからお預かりした大切な製品(基板材料)への薄膜形成を、クラス100~1000(Fed.Std.209D)のクリーンルーム内で、高品質かつ安定的に生産・加工します。

  • Step6品質検査・出荷準備

    お客さまにご提供する全ての製品に対し品質検査を行い、厳重に梱包のうえ出荷します。
    ジオマテックは、QMS(ISO9001:品質マネジメントシステム)を取得しており、高品質な製品の安定供給の維持に努めております。

  • Step7納品

    お客さまのご指定の日、場所及び方法でしっかりお届けします。

    上記の流れ以外の対応や、お客さまの拠点内でのインハウス対応などのご相談も柔軟に承ります。

薄膜形成に加え、基板材料の調達・加工などの前後工程もご依頼いただく場合

基板材料の調達・加工など、薄膜形成の前後工程もご依頼いただく場合の流れの例です。
光学設計や材料調達、製造、貼り合わせまでを、ジオマテックが一括でコントロールいたします。

  • Step1お問い合わせ

    当社の製品・ソリューションの詳細に関するお問い合わせはもちろん、お客さまの目的やアイディア、ご希望の注文数や仕様、納期や予算、お届け先など、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • Step2ヒアリング・技術打ち合わせ

    お客さまのご要望の詳細をお伺いしたうえで、お客さまの目的の達成に向けた最適なプランをご提案。ジオマテックの技術者からの提案はもちろん、必要に応じてさまざまなメーカーと協業し、お客さまにご満足いただける製品づくりをサポートします。

  • Step3お見積もり

    ヒアリング・技術打ち合わせで決定した仕様に基づき、お見積もりさせていただきます。
    なお、お客さまからお伺いした製品の用途、お客さまの個人情報などの秘密情報につきましては、情報セキュリティに配慮したうえで厳重に管理いたします。

  • Step4試作品・サンプル作製

    必要に応じて試作品・サンプルを作製いたします。
    なお、将来的に量産を見据えている場合、試作時も量産時の装置を使用して加工できるので、量産移行後もスムーズに試作時と同様の製品特性を得ることができます。

  • Step5基板材料の調達

    ガラスやフィルムなどの基板材料を、ジオマテックが長年培った信頼のサプライチェーンより調達します。

  • Step6薄膜形成(薄膜コーティング)

    基板材料へ防指紋(AF)加工など、お客さまの製品に必要な機能を実現するための高機能薄膜の形成を行います。
    クラス100~1000(Fed.Std.209D)のクリーンルーム内で、高品質かつ安定的な生産が可能です。

  • Step7加工

    ガラスの外形切断や薄膜パターニング、額縁印刷などの薄膜形成の後工程の作業も承ります。

  • Step8品質検査・出荷準備

    お客さまにご提供する全ての製品に対し品質検査を行い、厳重に梱包のうえ出荷します。
    ジオマテックは、QMS(ISO9001:品質マネジメントシステム)を取得しており、高品質な製品の安定供給の維持に努めております。

  • Step9納品

    お客さまのご指定の日、場所及び方法でしっかりお届けします。

    上記の流れ以外の対応や、お客さまの拠点内でのインハウス対応などのご相談も柔軟に承ります。

お問い合わせ・資料請求

さらに詳しい情報は、お気軽にお問い合わせください。

  • 詳細な仕様・データ
  • 価格・見積
  • 納期確認
  • カスタマイズ
  • サンプル・試作
  • その他
お問い合わせ

製品・ソリューション